FC2ブログ

2019年7月近況

お久しぶりです。
7月もそろそろ終わりということで
近況を書いておこうかと思います。

今月は上旬に原稿UP、
からのネーム、
からの原稿作業…という感じで
いつもどおりの日常でありました。

先月末アシスタントの作業部屋を
応接スペースに改装したのですが↓


応接スペースとして使うのは
せいぜい月1~2回…
もったいないのでここで
ネームをやってみたところ
ファミレスネームよりも結構捗ることが判明。
ONOFFの切り替えがしやすく、なおかつ
お金(駐車場代・飲食代等)もほとんど
かからないということで
思わぬ副産物となりました。

今後もせっかく作ったこの部屋を
有効活用していきたいと思います。

*        *        *

僕自身は平穏な日々を送っていましたが、
世の中は色々なことがありましたね。
吉本会見、参院選…
そして最も衝撃を受けたのが
京都アニメーションの放火事件でした。

実は今回のネーム、脚本段階で
『ガソリンを撒いて火をつける』
というシーンがあったのですが、
正にそのシーンを描いている最中に
京アニの事件が起こりまして…
内容を半分近く描き直すことになりました。

日本の宝ともいえる才能の損失、
火をつけた犯人への怒り…
様々な感情が渦巻く一方で
僕は己の無知に恐怖を覚えました。
報道によると、犯人は40Lのガソリンを用意し
その半分以下の量をバラ撒いて
火をつけた…とのこと。
結果はご存じのとおりです。

僕は上記のような行為が引き起こす結果を
予測できずに、無自覚に似たようなシーンを
描こうとしていたのです。

マンガや小説等の創作物において
可燃性の液体を撒いて火をつける…
というシーンは数多く描かれてきたし、
僕も今までの人生でそういったシーンを
たくさん目にしてきました。
しかし、自分の認識はせいぜい
ガソリンが付着した部分が激しく燃え上がる
…といった程度のものでした。

はたして犯人はここまでの悲惨な結果を
予測できていたのでしょうか…?
疑問符が残ります。
そして、そういった危険行為への認識の甘さが
今回の事件の一因になったのではないか
…と考えるに至りました。

漫画家というのは、
不特定多数の人間が目にする可能性のある
創作物を作ることを生業としています。
そういった立場の『責任』について
改めて考えさせられる事件でありました。

*        *        *

アニメをあまり見る方ではない
僕のような人間でも、
京都アニメーションの作品は
数多く拝見させていただいておりました。

亡くなられた方々のご冥福を
お祈りするとともに
ケガを負われた方々の
一日も早い回復を心より祈念しております。
 


それでは。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

uchimizu730

Author:uchimizu730
内水融(うちみず とおる)と
申します。
漫画を描いております。
内水融・作品履歴
ご連絡等ございましたら
こちらまで…
uchimizu730@yahoo.co.jp

内水融の最新の漫画
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
twitter
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
内水融の昔の漫画
counter